実際に読んでみて、お勧めできる個性的な本だけを紹介しています。

写真が上達するイチオシの書籍レビュー

【書評】撮影技法だけではなく、中井流写真論が読める

「カメラは魔法の小箱です」中井精也(著)→ テレビ番組でもお馴染みの、鉄道写真家・中井精也さんの「カメラは魔法の小箱です」。 タイトルからして、中井さんらしいワクワク感を感じますね。 内容は、中井流撮影テクニックの紹介だ …

カメラは魔法の小箱です

【書評】建築光環境から見た都市の「光のアート」写真

「写真で見つける光のアート」小林茂雄+東京都市大学小林研究室(著)→ この本は、東京都市大学(旧武蔵工業大学)の小林茂雄准教授と、東京都市大学の小林研究室(工学部・建築学科)の研究生達の写真と文でつくられています。 彼ら …

写真で見つける光のアート

【書評】4×5カラーネガフィルム自然光で撮る世界の廃墟

「世界の美しい廃墟」Thomas Jorion/トマ・ジョリオン(著)→ かっての廃墟ブームと共に、様々な廃墟関連のガイドブックが出版されました。 しかし、本書はれっきとした「世界中の廃墟をテーマとしたアート写真集」です …

世界の美しい廃墟

【書評】ポートレート撮影のアイデアを撮影現場から学ぶ

「こだわりポートレート アイデアの引き出し」小澤太一(著)・野澤亘伸(著)・河野英喜(著)→ 一般的に、ポートレート撮影のガイドブックとなると、写真を上達させるために「撮影機材の性能を引き出す」ことに重点を置いたモノが多 …

こだわりポートレート アイデアの引き出し

【書評】デジタルモノクロ写真の撮影からプリントまで

「最高のモノクロ写真の創り方」John Batdorff/ジョン・バットドーフ(著)・早川廣行(監修)→ 本書は、タイトルどおり「モノクロ写真の表現手法」に特化した内容です。 しかし、銀塩フィルムに関しての情報は全く無く …

【【書評】教科書的だが、カメラの全てを知るための必読書

「体系的に学ぶデジタルカメラのしくみ」神崎洋治(著)・西井美鷹(著)→ 本書は、フォトマスター検定の参考図書として、教科書的な使われ方をされることが多いと聞きます。 実際、自分もフォトマスター検定の受験中は、本書をメイン …

体系的に学ぶデジタルカメラのしくみ

【書評】カメラ・フィルムから現像・プリントまで全てを解説

「フィルムカメラの楽しみ方」MOSH books(編著)→ 私の写真人生おいては、未だにデジタルよりフィルムでの撮影時間の方が多いのですが…… おそらく現在は、デジタルカメラから写真を始めて、フィルムに触った事のない人の …

フィルムカメラの楽しみ方

【書評】「人に伝わる写真とは何か?」を教えてくれます

「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編」中井精也(著)→ テレビでもおなじみの、大人気の鉄道写真家・中井精也さんによる「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」シリーズ 第3弾です。 …

デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 伝わる写真の撮り方編

【書評】Webサイトの素材撮影に特化した異色の一冊

「デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本」岡田陽一(著)→ 本書は、プロカメラマンではないWeb制作に携わる人達が、「使える写真」を「自分で撮ること」を目的に解説されたものです。 つまり、「使える写真」を撮 …

デザイナー&ディレクターが写真を上手に撮る本

【書評】気ままに写真が撮り続けられるヒントが満載

「ニッポンぶらりカメラ旅」丹野清志(著)→ 私の生まれる前から長年にわたり、スナップ写真を撮りながら、独自の語り口で「スナップ写真論」も展開されている丹野清志さん。 そんな丹野さんの、今回は「旅」の撮影について書かれた本 …

ニッポンぶらりカメラ旅

【書評】ゆるくorシャープに、個性的な写真を撮り分ける

「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編」中井精也(著)→ 大人気の鉄道写真家・中井精也さんによる「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」シリーズ 第2弾です。 第1弾のテーマだっ …

デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 何をどう撮る? 活用編

【書評】12人のオフカメラストロボの達人が種明かし!

「ポートレートライティングの超絶レシピ」オフカメラストロボの達人12人(著)→ クリップオンストロボといえば、従来はカメラに取り付けて、光量不足を補う補助光として使うのが一般的でした。 また、本格的にストロボを使うのであ …

ポートレートライティングの超絶レシピ

【書評】一番わかりやすいカメラの技術解説書ならコレ!

「デジタル一眼レフがわかる」豊田堅二(著)→ 本書は、私がフォトマスター検定の受験勉強中に、大変お世話になった参考書です。 おかげ様で、1級に一発合格できました。 著者の豊田賢二さん、ありがとうございました。 これまで、 …

デジタル一眼レフがわかる

【書評】漠然と写真を撮らずに、まずは何をどう撮るか

「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」中井精也(著)→ 最近では、テレビ番組でもおなじみの、中井精也さん著の「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」です。 この「デジタル一眼レフカメラと写真の教科書」は、現在3巻までシ …

デジタル一眼レフカメラと写真の教科書

【書評】日常を自由にスナップする楽しさを教えてくれる

「新スナップ写真の方法」丹野清志(著)→ 最近どういうワケか、今まで一番興味のなかったはずの「スナップ写真」にはまっています。 理由の一つをあげるならば、「ここぞという機会にしか一眼レフカメラを持ち出さない人の写真」より …

新スナップ写真の方法

【書評】iPhoneでセンスがいいねといわれる作例写真

「LIFE and iPhone」彦根明(著)・彦根藍矢(著)→ 本書は、その他大勢のスマートフォンではなく、iPhoneに特化した潔さが、購入に至った理由です。 サブタイトルに「iPhoneでセンスがいいねといわれる写 …

LIFE and iPhone

【書評】写真を使わずにイラストで解説した写真入門書

「逆転の発想の写真の入門の本」永山昌克(著)・山口規子(著)・大城譲司(著)→ タイトルにある「逆転の発想」とは、撮影に関する発想が逆転しているという事ではありません。 サブタイトルにあるように「写真を使わずにイラストで …

逆転の発想の写真の入門の本

【書評】「光の記録」と「光の記憶」が交差する「今日の空」

「今日の空」菅原一剛(著)→ 本書は菅原一剛さんの「写真がもっと好きになる」シリーズ3巻目にあたり、「光の記録」と「光の記録」をテーマにした一冊です。 今までの2冊と大きく違うのは「文字を読む」のではなく「写真を観る」、 …

今日の空

【書評】世界で一番きれいなリサイクルゴミの写真集

「DUST MY BROOM」菅原一剛(著)→ 人によって「ゴミ化」された、ゴミの山に潜在した「再生する力」を写した写真集です。 私たちの手を離れたゴミの「向こう側」で起きている、普段目にすることのできない光景ばかりです …

DUST MY BROOM

【書評】カメラの仕組みを知ることで楽しみが増える1冊

「図解 デジタルカメラの仕組み」河田一規(著)→ ちょうど「フォトマスター検定」の受験勉強をしていたとき、YouTuberのジェットダイスケさんの紹介を見て、さっそくAmazonで購入。 ジェットダイスケさんのおっしゃる …

図解 デジタルカメラの仕組み

【書評】自然光の中で制服女子を記号化する構図の解説書

「ガールズフォトの撮り方 新しい構図」青山裕企(著)→ 著者の青山裕企さんは、ユニークな視点で、個性的な人物写真を撮ることで有名な写真家です。 代表作「スクールガール・コンプレックス」シリーズでは、記号化された顔を見せな …

「ガールズフォトの撮り方 新しい構図」青山裕企著

【書評】写真の「見る・読む」を「体験する・楽しむ」本

「たのしい写真3 ワークショップ篇」ホンマタカシ(著)→ ホンマタカシさんの「たのしい写真」シリーズ3作目は、「ワークショップ篇」です。 写真を「撮る」だけでなく、「見る」「読む」をワークショップを通して、「体験する」「 …

たのしい写真3 ワークショップ篇

【書評】撮る人の写真表現をもう一歩深めたいならこの一冊

「撮る人のための実践的写真論」児島昭雄(著)→ 写真に関する書籍の大半は、撮影テクニックの解説、つまり「機材の性能を引き出す」テーマが主になっています。 しかし本書のように「自分の性能を引き出す」すことをテーマにした良書 …

撮る人のための実践的写真論

【書評】ソーシャルメディア時代の写真のあり方がわかる

「楽しいみんなの写真-とにかく撮る、flickrで見る。ソーシャルメディア時代の写真の撮り方・楽しみ方」いしたにまさき(著)・大山顕(著)→ いきなりですが、皆さんは撮った写真は、どのような最終形態で鑑賞されますでしょう …

楽しいみんなの写真-とにかく撮る、flickrで見る。ソーシャルメディア時代の写真の撮り方・楽しみ方

【書評】写真を鑑賞する手法や楽しさを教えてくれます

「写真がもっと好きになる。 写真を観る編。」菅原一剛(著)→ 「写真がもっと好きになる」シリーズ第2巻目にあたる本書は、著者である写真家の菅原一剛さんが個人的な体験を中心として、自分と深く結びついている16人の写真家と、 …

写真がもっと好きになる。 写真を観る編。

【書評】カメラの仕組みに興味がわいたら、まずこの1冊

「プロが教える デジタル一眼カメラのすべてがわかる本」 神崎洋治(監修)→ ナツメ社の「史上最強カラー図鑑」という自信たっぷりのネーミングのシリーズ中の一冊です。 著者は不明ですが、デジタルカメラ関連ITジャーナリストの …

プロが教えるデジタル一眼カメラのすべてがわかる本

【書評】今日の写真を読み解くための、やさしい写真教室

「たのしい写真 よい子のための写真教室」ホンマタカシ(著)→ 私の尊敬するホンマタカシさんの書かれた、大好きな1冊です。 ホンマタカシさんは、木村伊兵衞写真賞の選考委員もつとめてらっしゃり、各方面でご活躍中です。 ご本人 …

たのしい写真 よい子のための写真教室

【書評】何を撮るか?どう撮るか?迷った時の便利帳

「もっと撮りたくなる 写真の便利帳」谷口泉(著)→ 著者の谷口泉さんといえば、今までは技術解説系の本ばかり書かれているイメージでした。 そのせいか、今回の「もっと撮りたくなる 写真の便利帳」には、かなりビックリさせられま …

もっと撮りたくなる 写真の便利帳

【書評】「お散歩写真」の心得を知るための欠かせない一冊

「お散歩写真概論」高橋美江(著)→ 著者 高橋美江さんは、グラフィックデザイナーであり絵地図師であり、写真家ではないそうです。 しかし、絵地図を描くために、カメラを片手に町歩きのプロでいらっしゃいます。 自分もグラフィッ …

お散歩写真概論

【書評】写真がもっともっと好きになるためのバイブル

「写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。」→ 自分が写真関連の書籍レビューを書くとしたら「1番最初に菅原一剛さんの書かれたこの本を皆さんに紹介しよう」と決めていました。 それくらい大好きで、何度読んでも …

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
写真とカメラの研究所
PAGETOP
Copyright © 写真とカメラの研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.